アメリカンショートヘアのにゃーたち 大分県別府市のお店より

こんにちは

今日は一段と気温が低くて冬みたいです。(もう冬なのかな?それともまだ秋??)

寒さによわい私は、冬いやだ~と今から思ってます。

もう11月も終わりに近づき、もうすぐ12月ですねぇ。

さて今日は、うちのブリーダー部門が始めるきっかけとなった猫種のアメリカンショートヘアについてすこし詳しくご案内です。

アメリカンショートヘアは、イギリスのブリティッシュショートヘアが直系の祖先猫です。17世紀にイギリスからアメリカ大陸へ開拓民がわたった際に船に乗せられたネズミ捕りのブリティッシュショーヘアの猫ちゃん。その猫達は上陸後もねずみやへびなどの害獣・害虫を退治するワーキングキャットとして活躍しました。その子たちが繁殖を繰り返していくうちにたくましく美しいボディと温厚な性格もつ猫生まれ選ばれていきアメリカを代表する猫として確立しました。そして1906年にドメスティックショートヘアとして登録されてその後に”アメリカンショートヘア”と改名されたのです。

アメリカンショートヘアの特徴は、縞模様で一般的なのがシルバーとブラックの縞模様でシルバータビー。

そして胴体の大きな縞模様と額にあるM字型の模。目の外から後ろに伸びているクレオパトララインです

うちで生まれるアメリカンショートヘアの子猫もやはり一番人気はシルバータビーの子です。

でも他にもいろいろな色のアメショーの子達がいるのをご存知ですか?

なんと80以上のカラーの子がいるみたいなんですよ。黒、白、シルバー、クリーム、カメオ、レッド、ブラウン、ブルー、そしてタビーでないソリッドやホワイトとのバイカラーなどなど

うちには、シルバータビー、ブラウンタビー、カメオタビーの子達がいます。

今まで生まれた子猫たちのカラーは、シルバータビー、ブルータビー、ブラウンタビー、レッドタビー、クリームタビー、シルバーパッチドタビー、ブラウンパッチドタビーです。

いろいろな色の子達が生まれるので今度はどんな色の子達だろうといつ楽しみです。

私は、ホワイトやブラックの単色の子猫がみたいなぁと思ってますが・・・

体格の特徴は中型のセミコビーで脚は大きくがっちりとした体格です。ややスクエアな顔立ちで、しっぽは長く、短毛ながら厚い被毛に覆われています。

性格は穏やかで陽気。冒険好きの甘えん坊さん。

環境への順応力もあるので飼いやすい猫ちゃんだと思います。

太りやすい子もいるので運動をさせご飯は食べたいだけあげるのでなくきちんと量を決めてあげるようにしたほうがいいです。

 

今年はアメショーの子猫は2匹だけでしたが、来年はたくさん見られるといいな!

 

 

 

 

コメント